オーソドックスなのは手提げ袋

収納に便利な紙袋の種類について

現在は生産効率の面からビニール製の袋が広く出回っていますが、古くから作られている紙袋にはビニールには無い利点があります。特に日光や照明などを通さない遮光性は収納している物品の変質を防ぐ重要な機能です。塗料や薬品など、光の刺激に弱い物品を良好な状態で保管するには紙袋に入れるのが最適なので、紙袋の需要が完全に無くなることはありません。紙袋は手提げの用途を持つ紐の有無で大別されます。片手で扱えることやサイズを大きくすることで重量物でも持ち運びが容易に出来ることから紐付きの手提げ袋が紙袋の大半を占めています。紙袋は印刷加工も容易なので、安価な広告媒体として普及している他に贈答品の簡易的な包装としても使うことが可能です。

手提げ式の紙袋を作成する際の業者選び

紙袋を自作する際はサイズや紙の品質選びに気を配ることが大切です。紙袋は高い遮光性を持つ一方で引っ張りや水濡れに弱いので、用途によってはコーティング加工を別に行う必要があります。また、手提げ袋は収納した物品の重みが紐のつなぎ目にかかるので、紙の品質によってはちぎれてしまう危険も少なくありません。紙袋の自作は耐久性や扱いやすさを重視することが重要なので、専門の業者に任せるのが無難な選択になります。紙袋作成のノウハウを持つ業者を選ぶ際にはデザインのテンプレートが豊富で、コーティング加工などの作業も受け付けている所を選ぶのが満足出来る結果に繋がります。特に小売店での物品収納に使う紙袋は広告媒体としての側面もあることから、良質の一枚に仕上げることを第一に考えます。

お店や会社でもらう手提げ袋に印刷がしてあるだけでも、イメージを変えることができ、イメージUPを図ることも出来ます。